YASDAについて

  • HOME
  • YASDAについて 沿革

沿革



創業以来、一貫して精密加工技術の開発に取組んできた当社は、1964年(昭和39年)横精密中ぐりフライス盤「ジグマスター」の開発で本格的に工作機械業界に参入。1966年(昭和41年)には、我が国ではじめて横型マシニングセンターを開発し注目されました。以来当社は高精度加工領域をターゲットにし、マシニングセンターの高い精度と耐久性を追求し続けてきました。そしていま、YASDA PRECISION CENTERは、世界の名だたるメーカーの製品に肩をならべ、多くのトップメーカーから大きな信頼が寄せられています。


1929   安田信次郎が大阪市において「ストロング商会」を設立。
わが国で初めて自動車のシリンダーのボーリング加工及び各種ピストンを製造。
1938   シリンダーボーリングマシン及びスリーブ工具開発。
1939   安田信次郎の個人経営を継承し、大阪市において「株式会社ストロング商会」設立。
1940   先に開発したシリンダーボーリングマシン及びスリーブ工具を本格的に生産開始。
1944   戦時強制疎開で岡山県笠岡町(現笠岡市)に工場移転。
1945   終戦により一時休業。
1946   シリンダーボーリングマシンの生産を再開。
1960   日本工作機械工業会に入会。
1961   自動ホーニング盤開発。
1962   中小企業庁長官より「中小企業合理化モデル工場」に指定される。
以後連続して6回指定される。
  本社組立て工場完成。
  笹山工場(現本社工場)一部完成。
1964   横精密中ぐりフライス盤(ジグマスター)開発。
1966   マシニングセンター(プレシジョンセンター)開発。
1968   笹山工場(現本社工場)第1期工事完成
  笹山工場(現本社工場)第2期工事完成。
1969   本社工場を岡山県里庄町、旧笹山工場に移転。
1970   安田信次郎、中ぐり盤の技術開発により勲五等双光旭日章受章。
  サンドストランド社とスピンドル工具保持機構及び工具の技術提携。
1971   中小企業研究センター賞受賞。
1972   資本金4,050万円に増資。
1976   役員改選により安田之彦が社長に就任。
1977   マシニングセンター「YBM70N」に関する製造技術をルーマニアに供与。
1978   マシニングセンターYPC45により日刊工業新聞社 第8回「機械工業デザイン賞」受賞。
1980   本社工場及び事務所増築完成。
  マシニングセンター「YBM90N」に関する製造技術をハンガリーに供与。
  マシニングセンター「YPC50V」を韓国統一産業と共同開発。
1983   マシニングセンター「YPC30」に関する製造技術を英国ブリッジポート社に供与。
  「科学技術庁 長官賞」受賞。
1985   本社恒温組立て工場完成。
1986   マシニングセンター「YPC45H」に関する製造技術を英国ブリッジポート社に供与。
1989   創業60周年にあたりC.I.を導入。
1991   鈑金・塗装の一貫工場、恒温組立て工場増設及び精密測定室新設。
1995   安田之彦、高精度マシニングセンターの発明考案により黄綬褒章 受章。
2000   本社第2工場完成。
2001   本社ショールーム完成。
  食堂棟完成。
  マシニングセンター「H40」に関する製造技術をコンディア社(スペイン)に供与。
2005   第2工場機械工場完成。
2006   経済産業省「元気なモノ作り中小企業300社」に選ばれる。
2007   安田之彦、超高精度マシニングセンターの開発製造により旭日小綬章 受章。
  ジグマスター「YBM50J-S」 日本工業大学 工業技術博物館「第9回 歴史的価値のある工作機械の顕彰」においてベストテクニカル賞に顕彰される。
2008   安田亜司達(上海)機床貿易有限公司 設立
2009   本社第3工場完成(超高精度恒温・恒湿組立工場)
2013   本社第3工場屋根に太陽光発電パネル設置
  • 経営理念
  • 会社概要
  • 沿革
  • 本社・工場・営業所