工場案内

加工ライン

YASDAはYASDAマシニングセンターのメーカーであると同時にユーザーでもあります。

YASDAの工場では、最新のマシニングセンターやCNCジグボーラーを初めとする多くのYASDA製品が設備機として使われています。
この日常業務はメーカーの視点とユーザーの視点の双方から、自社製品を厳しく検証する場となっています。これによって、新機種の開発や新しいニーズに対応する新しい加工技術の開発などにいち早く取り組むことを可能にしています。


YBM1200Nによる 加工風景
パレットの精密仕上加工
スピンドルベアリング 間座の高精度加工
スピンドルテーパの 高精度加工
現代の匠

現代の匠の称号を持つ高度技能保持者。その優れた技術が確実に伝承されていきます。

  • 工場案内トップへ
  • 外観・受付・ショールーム
  • 技術部
  • 加工ライン
  • 組立ライン
  • 超精密測定室