高精度加工事例

ベベルギア

加工ビデオ(2分19秒)

割出5軸加工
ワークを傾斜させることにより、最短長の工具で加工でき、面品位向上と加工時間短縮が可能です。

機械 YBM Vi40
加工物 ベベルギア
被削材 SKH51(HRC61)
加工内容 割出5軸加工

オススメ合わせ

合わせ面を10μm以下のスキマに加工した事例です。異なる種類の刃物を用いて仕上加工を行うと、精度の良くない機械だと加工のつなぎ目に段差が出来てしまいます。こうした段差は、加工後のミガキ工程にかなりの時間を費やしてしまいます。しかしYASDAのCNCジグボーラーなら高品位、高精度が可能ですので、そんな不安はありません。

機械 YBM640V ver.III
加工物 オスメス合わせテストピース
被削材 STAVAX(HRC33)
加工内容 3種類の刃物で2つのワークの合わせ面を加工

ベベルギア

加工ビデオ(1分18秒)

YASDA独自の「プリロード自己調整型スピンドル」と減衰性に優れた「コロガリと滑りのハイブリッド摺動構造」は、特にこの様な高硬度材の加工においてその効力を発揮します。荒加工においては低速回転域での切削、仕上加工においては高速回転域での高品位加工(面粗度Ry1.5μm)を行った事例です。従来、放電加工でしか加工を成しえなかった領域である、高硬度材の高精度加工。加工時間は放電加工と比較すると、約5分の1に短縮が可能(実績値)となります。
YASDAのCNCジグボーラーは、低速重切削から高速高品位加工まで、あらゆる領域をカバーするマシンなのです。

機械 YBM640V ver.III
加工物 ベベルギア
被削材 H.S.S(HRC60)
加工内容 高硬度材への直彫りと高精度加工

モールドベース(ポケット 穴部分の仕上)

測定結果

深堀り加工時においては、主軸剛性、機械全体の剛性が不足していると、工具の逃げによる加工面の倒れと著しい切れ刃摩耗、ビビリをもたらし、加工形状精度を大きく狂わせてしまいます。
このモールドベースの加工において、ボーリング加工とエンドミルによる高精度な加工を実現しました。4-Φ42.5穴はボーリング加工を行い、ポケット部はエンドミルによる加工を行いました。
YASDAのCNCジグボーラーは、高精度加工領域を制覇するコンパクトで生産性の高いマシンなのです。

機械 YBM950V ver.III
加工物 モールドベース
被削材 RAMAXS(HRC40)
加工内容 4-Φ42.5穴のボーリング加工
Φ17エンドミルでのポケット加工

レンズ型コアプレート(穴径、ピッチ精度)

測定結果

非常に厳しい加工精度が要求される金型のベースプレート加工においての加工事例です。穴径、直角度、ピッチ精度の測定結果にご注目下さい。
YASDAのCNCジグボーラーなら、熟練した技術者を必要とすることなく、高精度加工を可能にします。

機械 YBM950V ver.III
加工物 レンズ型コアプレート
被削材 DHA1(HRC50)
加工内容 Φ10、Φ4エンドミルでのコンタリング加工

シリンダーヘッド

加工ビデオ(1分18秒)

「H40i」は5面加工から任意の複雑な形状の加工まで、アルミ、鋳物、スチール等、さまざまな素材の高速・高精度加工を長時間、安定して行うことができます。

機械 H40i
加工物 シリンダーヘッド
被削材 A5052
加工内容 高能率荒取り加工
同時5軸ポート穴加工
反転ボーリング加工