1 精度

精度を支える
キサゲ

”1μmを目指す”
機械加工だけでは不可能な領域に挑むため、まっすぐな機械づくりをするため、YASDAはキサゲを欠かしません。

精度を支える
温度管理

キサゲで作り込んだ部品を精度良く組み立てるには、組み立て時の温度変化を抑えることが重要です。
YASDAでは、工場内の温度管理を徹底し、24時間の温度変化を0.5℃以内、床面と床から5mの間の温度差を0.6℃以内に管理しています。

工場内温度調整

YMC 430
位置決め精度
X:0.5 Y:0.6 Z:0.4㎛
繰り返し精度
0.1㎛
ISO230-2(2014) 実績値
YBM 950V
位置決め精度
X:2.2 Y:1.1 Z:1.5㎛
繰り返し精度
0.8㎛
ISO230-2(2014) 実績値
YBM 10T
位置決め精度
X:3.0 Y:2.7 Z:2.6㎛
繰り返し精度
1.2㎛
ISO230-2(2014) 実績値

2 剛性

剛性を支える
ガイドウェイ

耐久性の高いボックスガイドをキサゲによって真直度を確保した締結面に取り付けることで振動減衰性を高め、高剛性・高精度を両立させます

剛性を支える
コンストラクション

100kgのワークを支える機械の総重量は8,000kg。
機械重量≒機械剛性 のロジックは技術が進歩しても変わらない原則です。

剛性が支える
工具寿命

剛性の高い機械に高精度な主軸を組み合わせることで
加工時の振動や主軸の振れ等に起因する工具摩耗を抑えます。

3 安定性

安定性を支える
熱変位対策

YASDAの機体温度制御システムは、室温に対して±0.2℃にコントロールした熱交換液を全体に循環させることで、周辺の温度変化による機械の急激な姿勢変化を防ぎます。

これにより、長時間の安定した高精度加工を可能にします。

工場環境温度
変位

4 長寿命

真直な部品同士をストレスなく組み付けるYASDAの機械は、長年使用しても姿勢変化が起きにくく、長期間にわたって高精度加工を実現します。

年々高まる製品の要求精度に応え続けることが可能です。

機械の精度変化
「 YBM 60N 」の例

使用期間

22年 7ヵ月

90,700時間 : 11時間 / 日

位置決め精度の変化
1993年 10月

X 軸 ± 0.001

Y 軸 ± 0.001

Z 軸 ± 0.001

22
years
2016年 5月

X 軸 ± 0.002

Y 軸 ± 0.002

Z 軸 ± 0.001

真直度の変化
1993年 10月

X 軸 ± 0.001

Y 軸 ± 0.001

Z 軸 ± 0.001

22
years
2016年 5月

X 軸 ± 0.001

Y 軸 ± 0.001

Z 軸 ± 0.003

テーブル上面の平行度の変化
1993年 10月

0.003

22
years
2016年 5月

0.008

5 使いやすさ

“高精度”を誰にでも。

YASDA独自のソフトウェアにより、かんたんに、使いやすく。

計 測

多様な計測機器を搭載
製品の精度を保ち
オペレーターの負担を軽減

高精度加工

高度な計測機能により
高精度加工を完全サポート

保 守

機械状態の監視による
予防保全

管 理

稼働・加工時間、主軸回転時間、
機械周辺温度の見える化
工具情報や加工スケジュールの管理が可能

TOP